blog

77回目の終戦記念日

本日は77回目の終戦記念日です。

広島長崎の方達にとって終戦は戦争の終わりではなかったのかもしれません。

原爆症に苦しむ人、家や家族を失った人、国からの支援もなく苦しんだ10年間と、被爆者差別。

人生を大きく変えてしまう可能性のある戦争。

それでも、生きていかなければ。

顔をあげなくては。

お一人お一人が生きてきた証を間近でお伺いできたことに感謝し、お亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈りして、慰霊の言葉とさせていただきます。

主題歌エレジー 配信リリース

本作の主題歌エレジー 配信リリース!

映画『for you 人のために』と『生きる FROM NAGASAKI』の

エンディング曲としてBONNIE PINKさんが

書き下ろして下さいました。

ビデオコメントと合わせて聴いてみてください😊

▶︎spoti.fi/3SqVWZe

各配信サイトはこちら

https://fanlink.to/BP_elegy

原爆ドキュメンタリー映画二作が続けて公開

原爆ドキュメンタリー二作が来月から公開です。

広島編「for you 人のために」8/5〜 シネ・リーブル池袋・9/2〜 テアトル梅田

長崎編「生きる FROM NAGASAKI」8/19〜 シネ・リーブル池袋・9/9〜 テアトル梅田

SDGsシェアプロジェクトの第二弾、第三弾です。

主題歌はBONNIE PINKさんの「エレジー」です。
広島編の公開日と同じ日に配信が開始されます。
MV https://t.co/jaKzVbBQGH

当映画の主題歌「エレジー」が8月5日に配信開始!

BONNIE PINKさんが主題歌として書き下ろしていただいた「エレジー」が、公開日と同じ日に配信が開始されます。
前作「a hope of NAGASAKI 優しい人たち」も観ていただき、そこからも感じていただきながら書いてくれました。
辛い事実から復興に向けた力に変わっていく様を「エレジー」から感じていただけるかもしれません。


サウンドプロデュース:Shingo Suzuki (Ovall)
HIP HOP、JAZZ、SOULのグルーヴを軸に、卓越した演奏力と唯一無二のサンプリングセンスを持ち合わせ世界中から注目されるベーシスト、キーボーディスト、プロデューサー。
世界中のLo-Fi Hip Hopファンの間で話題になった「Night Lights」は累計200万回を超えるストリーミング再生数を記録。プロデューサー、ベーシストとしてもBTS (防弾少年団)、矢野顕子、Chara、Original Love、和田アキ子、七尾旅人、ハナレグミ、Wouter Hamel、20syl(Hocus Pocus)など世界中のアーティストをサポート。
さらに多数のCM楽曲やジングル、ドラマや映画の劇伴などを手がけている。またmabanua、関口シンゴと共にバンドOvallとしても活動。国内の大型フェス出演や海外ツアーも積極的に行っている。バンド、ソロアーティスト、プロデューサー、様々な顔でマルチに活動するShingo Suzukiから今後も目が離せない。
https://shingosuzuki.com/

TOKYO FM「JAPAN MOVE UP」に監督が出演


TOKYO FM「JAPAN MOVE UP」(毎週土曜日 21:30〜)に松本監督が出演します。
当映画でも特別協力いただいている「SDGsピースコミュニケーション」の一木代表がパーソナリティをしており、収録当日は淑徳大学の生徒40名弱の皆さんの前での公開録音でした。

主題歌「エレジー」(BONNIE PINK)もかけていただきました。

放送日は8月6日 21:30からになります。
なお関東圏の方はRADIKOでも視聴できますので、耳を傾けていただければ。

JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE | TOKYO FM
https://radiko.jp/#!/ts/FMT/20220723213000

広島先行試写会

7月18日 無事に広島先行試写会を終えることができました。

出演下さった皆様はじめ、100名以上の方が来てくださいました。

お話や取材の様子など、数回に分けて掲載していきます。

無事に終えることができた事、設営からご協力下さった被爆体験を継承する会さん、

広島フィルムコミッションさんに心より御礼申し上げます。

シネリーブル池袋での劇場公開は8/5〜!

予告編

広島先行試写会

原爆と言う悲劇の中にある、「人のため」を想う心を見つめた本作。
全国での劇場公開を前に、取材地広島で先行試写会を開催します。

◆日時
2022年7月18日(祝)
13:00開場 13:30開演

◆会場
広島平和記念資料館(東館地下1階)
   メモリアルホール

◆定員 200名

◆参加費 1000円(高校生以下 500円)

◆参加方法
当日受付にお越しください。

※お願い コロナ対策として、消毒・検温・換気等しますが、「マスク着用」「会話はできるだけ抑える」などのご協力を宜しくお願いします。また、体調の悪い方や熱のある方は参加ご遠慮ください。

◆主催 
被爆体験を継承する会  
映画「for you 人のために」製作委員会

◆後援

広島市
(公財)広島平和文化センター
(公財)広島市文化財団
(公財)広島県男女共同参画財団

◆協力
広島フィルム・コミッション

https://fb.me/e/5dDM4DHCr

BONNIE PINK 書き下ろし「エレジー」が主題歌に!

本作「for you 人のために」、それに続いて公開される長崎被爆者オーラルヒストリードキュメンタリー映画「生きる FROM NAGASAKI」の主題歌「エレジー」を、BONNIE PINKさんが書き下ろしてくれました。

様々な思いを感じながら、そして受け継いでいかなくてはならない思いを歌にし、提供いただきました。

今後、シングルとしてデジタル配信されます。

また劇中音楽は、MISIAの「Everything」などを作曲した松本俊明さんの楽曲が提供されます。
今作も素晴らしい音楽との共演になります。

予告編はこちらをご覧ください。

エグゼクティブ・プロデューサーに園山真希絵氏 就任

食作家の園山真希絵氏が「for you 人のために」「生きる FROM NAGASAKI」のエグゼクティブ・プロデューサーに就任しました。

かねてより松本監督と親交があり、園山氏が前作「a hope of NAGASAKI 優しい人たち」を観て、監督と平和への思いを語り合いました。

また広島に隣接した島根県出雲市生まれであり、平和教育を幼少期から受けてきたことや、長崎の被爆者救護で活躍した永井隆博士が島根県雲南市で育ったゆかりから、この2作に対する思いを共有し、就任の運びになりました。

より多くの方々に作品を知ってもらえるように、広報活動を担っていただきます。

また共同プロデューサーに、SDGsシェアプロジェクトの若手育成プログラムより、SNSマーケティング戦略を得意とする20代の遠藤洋典氏を向かえました。若い世代のクリエティブワークを活かしていただきます。

宣伝プロデューサーには井内徳次氏を迎えます。自身も数多くの映画製作(”僕が君の耳になる”等)を行ってきており、「旅のはじまり」に続き宣伝を担当いただきます。

石原プロデューサーをチーフとし、プロデューサー陣を充実させ、多くの方々に届くように挑みます。

プロデューサー 石原ゆり奈

共同プロデューサー 遠藤洋典

エグゼクティブプロデューサー 園山真希絵

宣伝プロデューサー 井内徳次

取材記録

先日取材させてもらった、笑顔が素敵な福田さん。

実は家族にもほとんど被爆の話をしたことがないそう。

それだけ当時のトラウマは大きかったし、日々の暮らしが大変だった。そして思い出すのが怖く、話して伝わるか不安も感じていたそうです。

長い時間を経てやっとここ数年は少しずつ話せるようになり、気持ちの整理もできるようになってきた、と。

ご自宅にお邪魔しての取材では被爆した年に神父様と近所の子供達で歩いた時の写真を見せてくれました。周りは瓦礫だらけ、たまたま通った進駐軍の方が撮ってくれたのだとか。

話すの苦手だから、とおっしゃっていた福田さんですが、感情表現豊かなお話でした。

貴重なお話をありがとうございました。